クレジットカードの起源

クレジットカードの歴史は、1950年に世界初のクレジットカード会社であるダイナースクラブが誕生したことから始まります。
ダイナースクラブは実業家フランク・マクナマラと一流百貨店ブルーミングデールの創始者の孫アルフレッド・ブルーミングデールそして弁護士のラルフ・シュナイダーによって設立されました。
最初のカードは紙製カードで、小さいメモ帳のようなものでした。1960年日本ダイナースクラブにより、プラスチックによる現代につながるカードの使用が提案され、米国ダイナースクラブや他国のダイナースクラブに広がりました。

国際ブランドの成立

1950年にダイナースクラブが発足して以降、アメリカにおいてクレジットカードには2つの大きな流れが見られました。一つは、ダイナースに代表されるT&E(Travel&Entertainment)に特化したカードです。顧客の囲い込みを目的として、50年代には全米ホテル協会、レンタカー会社などのハウスカードの発行が相次ぎました。
1958年には、アメリカン・エキスプレスがアメリカホテル組合を設立し、すでに営業兼運営を行っていたクレジットカード会社を買収し、クレジットカード業界へ参入を果たしました。

もう一つの流れは、銀行系のブランドです。アメリカン・エキスプレスカードの発行と同じ1958年、バンク・オブ・アメリカが、カリフォルニアでバンカメリカードの発行を始めました。その後、1966年にバンク・オブ・アメリカは、全米に向け、バンカメリカード事業のライセンス供与を開始しました。
それに対抗するために大手銀行を中心にインターバンク・カード協会(ICA)が設立されました。このバンカメリカードとICAが現在のVISAとMasterCardの前身です。こうして誕生した2つの組織を中心して銀行系の汎用カードが発展していきました。

VISAあるいはMasterCardとの提携によってカードの国際化が進む中、1961年三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)と日本信販(現三菱UFJニコス)によって「株式会社日本クレジットビューロー(JCB)」が設立されました。
JCBは海外でも独自に加盟店開拓を進め、自社ブランドを国際化していきました。

こうして現在ではダイナース、アメリカン・エキスプレス、VISA、MasterCard、JCBの5つが国際ブランドとして認知されています。